読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

償却原価法における時価評価

×1年1月1日にK社社債(満期×3年12月31日、取得原価18,800円、額面20,000円、その他有価証券、全部純資産直入法)の×1年12月31日時点の時価は19,500円であった。×2年6月30日に当該社債を19,300円で売却した時、

×1年12月31日時点の仕訳

×2年1月1日時点の仕訳

③売却時の仕訳

なお、決算日は12月31日である。また、社債には償却原価法(定額法)を適用しなさい。

 

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

①(×1年12月31日

投資有価証券 400  / 有価証券利息 400

投資有価証券 300  / その他有価証券評価差額金 300

    ※定額法により400円の有価証券利息、時価との差額は全部純資産直入法。

 

②(×2年1月1日時点

その他有価証券評価差額金 300  / 投資有価証券 300

    ※洗替方式。償却は含めず、全部純資産直入法の分のみ。

 

③(売却時)

投資有価証券 200  / 有価証券利息 200

現金預金 19,300  / 投資有価証券 19,400

投資有価証券売却損益 100

 

    ※投資有価証券の償却が優先。