読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

売上割戻引当金

簿記上級

それぞれ仕訳しなさい。

①売上割戻引当金10,000円を設定する。なお、当期売上は1,000,000円であった。

②売上割戻12,000円を行い、売掛金を減額した。なお当該割戻のうち、前期の売上にかかるものは8,000円である。

③売上割戻引当金残額を戻し入れ、新たに売上割戻引当金を10,000円設定する。

 

 

 

 


-------------------------------------------------------------------
①売上割戻引当金繰入額 10,000  / 売上割戻引当金 10,000
 売上 10,000  / 売上割戻引当金繰入額 10,000
 ※売上割戻引当金繰入額(費用)は売上控除としての性質があるので売上から差し引く。

②売上割戻引当金 8,000  / 売掛金 12,000
 売上 4,000

③売上割戻引当金 2,000  / 売上割戻引当金戻入益 2,000
 売上割戻引当金戻入益 2,000  / 売上 2,000

 売上割戻引当金繰入額 10,000  / 売上割戻引当金 10,000
 売上 10,000  / 売上割戻引当金繰入額 10,000


【解説】
売上割戻とはリベートのこと。例えば1,000,000円以上購入してくれれば1,000円値引きするといったもの。
値引きという形は取っているが実質は売上控除である。(1,000,000の売上が実現して初めて1,000の値引きが生じるため。)
当期の売上に応じて、時期の売上割戻は合理的に算出できることから、引当金計上は可能である。
その性質は費用ではなく、売上控除であることから、引当金繰入(または戻入)の際には売上の控除(加算)を行う。