読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のれんの減損損失(容認)

簿記上級

のれんの帳簿価額を各資産グループに配分しており、配分比率はA:B:C=2:3:5であった。

配分後の資産グループB、Cに減損の兆候が見られる。

減損損失にかかる仕訳をせよ。

f:id:boki-boki:20170306230642p:plain

 

 

 

 

 

 

 

-------------------------------------------------------------------

減損損失 390  / 資産グループC290

            のれん100

※のれんを配分された単位において減損が発生したら、当該単位において、のれんを優先的に減損損失させる。(例えば資産グループAやBの「のれん」の損失処理は優先しない)

 

①のれんの配分を行う

⇒資産グループA:210+40

⇒資産グループB:300+60

⇒資産グループC:420+100

 

②減損認識

⇒資産グループB配分後帳簿価額360 < 配分後割引前将来CF390

減損損失処理は不要

 

⇒資産グループC配分後帳簿価額520 >配分後割引前将来CF160

減損損失の算定

⇒帳簿価額520-回収可能価額130=390

⇒資産グループCの「のれん」から優先に減損損失する