読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その他有価証券(部分純資産直入法)

G社株式(取得原価200円)をその他有価証券に区分している。

第1期期末時価が100円であり、第2期において現金160円で売却した。

この時の①第1期末、②第2期期首および③売却時の仕訳をそれぞれ行いなさい。なお、部分純資産直入法を用いること。

 

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

(第1期期末)

投資有価証券評価損益 100  / 投資有価証券 100

    ※その他有価証券は売買目的ではないので、「投資有価証券」勘定が妥当。

 

(第2期期首)

投資有価証券 100  / 投資有価証券評価損益 100

    ※洗替方式

 

(売却時)

現金 160        / 投資有価証券 200

投資有価証券売却損益 40

 

部分純資産直入法は、継続適用を条件として容認される。(評価損のみ投資有価証券評価損益として計上可能、評価益はその他有価証券評価差額金)

本題においては、第2期に60円の利益が計上されているが、前期に100円の損失を計上していることから、通算すると40円の損失となり、全部純資産直入法を適用していた場合と比べて、通算では同じになる。